GARAGE T4ライフ

GARAGE T4管理人takayo4のガンプラ製作記など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

電撃ホビーマガジン10月号

DHM 2010 10 20100726_005.jpg

電撃ホビーマガジン10月号に1/100ダブルオークアンタ(改修版)が掲載されました。
これは今年の5月号に掲載されたものをHGダブルオークアンタの発売に合わせて、武器の新造と本体の一部修正を行ったものです。

5月号での製作時は武器を持たない正面、背面の2枚の設定画以外は全く資料がなかったので、死角となっている左肩やシールドビットの構造などある程度暫定的なものでしたが、今回HG版でこのあたりが明らかになったので、GNソードの新造とともにこのあたりも可能な限り手を入れました。

とはいえ、スクラッチというのもあり、分解を前提とせずほとんどのパーツを接着してしまっているので、大掛かりな改修はもはや作り直すに近いものがあるので、実際の改修部分は左右肩アーマーと胸の側面部分に限定しています。

GNソードは基本的にプラ材でのスクラッチですが、透明なソード部分はアクリルの定規を削ったものを使っています。
ホームセンターなどでもアクリル板は売っていますが、プラ板ほどいろんな厚みが用意されているわけではないので、どうしようかと思っていたところ、かなり身近なところにちょうどいいものが…
しかも100円均一で買った50cmのもの。
厚みさえ合えば、かなりリーズナブルなのですw。
  1. 2010/08/29(日) 20:17:56|
  2. 電撃HM作例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MGνガンダムアップ

MGνガンダム01

MGνガンダムをHPの方にアップしました。
昨年秋にモデサミ用に製作したものの、ファンネルなしの未完成状態だったため、今年の春に八潮展示会に合わせてファンネルを製作し完成したものの、大した訳もなく放置しておりました(汗)

HPのアップ作業してて気づいたんですが、去年の年末から更新してなかったようで…
月日の経つのは早いものです。
WORKSの作例紹介の方もしばらく更新してないので、追々やっておかねばと思ってます。

最近は個人的な製作はあくまで作例の合間という状況で、このνガンダムも製作期間、正味1ヶ月半といったところだったので、効率的なプロポーション変更を模索しつつの製作でした。

MGとはいえ、ある程度古いキットなので、細かい部分を上げればキリがないのですが、
全体的な寸詰まり感を醸し出している大きな原因は、大きな頭と幅広の胸、短い腹部にあるような感じ。
足を伸ばすのも定番ではありますが、あまりにも現代的なヒーロー体型にはしたくなかったのもあり、そのほかの部分で修正しています。

νガンダムは某"K"巨匠はじめ大作が目白押しなので、なかなかハードルが高いですが、近年の私のモチベーション的にはあくまで私的コレクションが目的なので、他のキットとならべてある程度統一感がある質感が大事。

お仕事では否応なしにヘビーな作業も強いられるので、プライベートでは楽しく♪が基本なのです。
  1. 2010/07/11(日) 21:59:44|
  2. ガンプラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

H.D試乗会in埼玉スタジアム

saitamast01.jpg saitamast02.jpg

我がスポーツスター(XL883R)との付き合いもそろそろ一年ということで、
そろそろ次の相棒を探しにハーレーダビッドソン試乗会に行ってきました。
…というのは冗談ですが、200~400万円という超高級バイクにただで乗り放題ということで単なる冷やかしですw。

ハーレーは国内メーカーに比べてこの種の試乗会やイベントに非常に力を入れてて、
お店での試乗だとなかなか…という、エントリーユーザーを大切にしてるようです。
しかも、普段はまずできないコケた状態からの引き起こし体験や、
普通二輪免許しかないライダーでも敷地内での体験試乗ができるなど、かなり工夫した内容なのが好感を持てます。

過去、何度か国内メーカーの試乗会に行ったことがありますが、たった1~2分の試乗で一台数百円とる某メーカーや、廉価モデル以外はほとんど台数がなくて開始数時間で当日分の予約がいっぱいという某メーカーにはこの辺は大いに学んで欲しいものです。
もう、他社より何馬力多いとか何Kg軽いとかだけでバイクが売れる時代じゃないのでは。

特に上手いと思うのが女性客の取り込み方。
普通二輪免許用の試乗会というのもその一環かと思いますが、アパレル部門が率先してレディースファッションやグッズを販売してて、バイクに興味のない彼女や奥様も楽しめるというわけ。
結局、買えるか買えないかは奥様しだいという世の男性の事情を理解してるわけですな。

なんだけ、ハーレーの広報のようなベタ褒めでしたが、問題は試乗会そのものかも。
大体どこもそんなものではありますが、試乗スペースが狭すぎ。
スタジアムの外周を先導者について30km/hぐらいでほぼまっすぐに走るだけでは、
まったく乗ったことのない人には、それなりに得るものがあるかもしれないですが、
すでにハーレーに乗っていて他の機種はどうかな?とか新型はどう変わったかな?とかいう場合は、正直ほとんど分からないでしょう。

待ち時間とかを考えるとあまり長くも走れないでしょうが、幸い埼玉スタジアム周辺は交通量が少ない道路もあるようだし、少し外回りを走らせてくれたりするとベストなんでしょうけど。

まぁ、とりあえず買う気のないヤツが言っても説得力ないでしょうがねw。
  1. 2010/07/04(日) 22:00:31|
  2. バイク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

電撃ホビーマガジン8月号

DHM1008.jpg zaku3 01 zaku3 02

電撃ホビーマガジン8月号にHGUCザクⅢが掲載されました。
HGUCとはいえ、まだ旧キットと言っても良い時期のものなので、現在のHGUCと並べられるように改修。

顔と肩のスパイクアーマーとシールドにザクらしさを残すものの、基本的なシルエットはすでに似て非なるもの。
締め切りという絶対的なゴールが定められている作例では、製作前にある程度のイメージと作業量を考えてからスタートするのが定石ですが、あまりイメージが固まらないまま、とりあえず可動範囲を稼ぐべく関節を他キットから流用。
関節を流用するときは細かいディテールより、まず大きさと可動軸の位置が近く、関節の上下の形状が塗装後に後はめしやすい形のものを選ぶのが良いと思います。
今回は以前の作例でテストショットが余っていたHGUCクシャトリヤの股関節からヒザと1/100エクシアのひじ関節を拝借。
多くのバリエーションを持つMGガンダムを見れば分かりますが、関節のデザインはキット化された時期によってかなり変わってくるので、今回のザクⅢならヒザの丸いモールドとそこから生える動力パイプといった特徴的な部分さえ押さえておけば、ある程度の形の違いに固執する必要はないと思うのですが…

プロポーション的には頭部の小型化。腹部の延長。
脚部は太ももをクシャトリヤに交換したことで若干延長されたので、長さはそのままにパテでボリュームアップ。
足首関節をダブルボールジョイント化した分、ここも少し伸びたので、スネの外側のみプラ板で延長しバランスを取りました。

ZZ系MSには宿命的に参考となる資料が少なく、正直、最後までザクⅢ像というものがつかめなかった感もあるのですが、今回は比較的自由に作れたというのもあって、個人的に好きな形で作ってみたのですが…詳しくは誌面で。
  1. 2010/06/27(日) 20:18:17|
  2. 電撃HM作例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

超音波カッター、買ったm(__)m

chouonpa01.jpg

以前から気になっていた超音波カッターをこの度ようやく購入。
すでに私の周辺のモデラーの間では定番となりつつあって、
私も一度使わせてもらい、確かに便利で作業時間の短縮になることは分かっていたのですが、
35,000円弱のお値段と必ずしもこれがないと出来ない作業は限られているので購入をためらっていたのですが、
たまたま見たAmazonで程度のよい中古が20,000円ということで、半衝動買い。

理屈としては、デザインナイフとほぼ共通の刃に目に見えないほどの高速振動を与えて切断を補助するもので、
金属など元の刃で切れない素材はカットできないのと、
振動による摩擦でカットするものは過熱されるので、プラスチックなどは切断面が溶けるため、
切断にはある程度余白が必要なのと、カット後に溶けた部分を処理しないといけないなど、
万能とは言えない部分もありますが、
プラ用ノコギリやPカッターなどでないとカットできない厚みのパーツやプラ板のカットや、
普通はかなりの手間や技量が必要なくり抜きや曲線カットなども刃先でなぞる感覚で簡単にカットできるのはこのツールならではでしょう。

正直、素組みでプラキットを作るだけならあまり出番のないツールだと思いますが、
プラ板を使った各種工作やキットパーツを切った貼ったするような改造をする上では、
意外なほど出番が多いのに驚きます。

また、プラスチックより熱に強いパテやレジンはプラ同様軽い力で切れるものの、切断面が溶けないので、
使いようによっては通常ではかなり困難な切抜きや彫りこみも可能だとは思いますが、
装着できる刃のサイズや形が限られているのでその辺を改良できれば、
パテを使ったスクラッチや原型製作、レジンキットの改造などにもっと力を発揮するのではと思います。

欲を言えば、グリップ部分ももっと細くカッターナイフ程度の握りやすさになればとは思いますが、
現状これは慣れるしかないでしょうね。
  1. 2010/05/08(土) 21:40:54|
  2. 工具など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
前のページ 次のページ

プロフィール

takayo4
ガンプラ・CG・各種Howto・投稿コーナーなどを掲載するガンプラサイト「GARAGE T4」の管理人。


ブログから入られた方HPはこちら。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。