GARAGE T4ライフ

GARAGE T4管理人takayo4のガンプラ製作記など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

見せ場!

GWですが、地味に更新w。

おそらくキュベレイ一番の見せ場のバインダーです。
qubeley-07.jpg

キュベレイはインジェクションキットには難しいといわれる曲面の連続。
バインダーも微妙にRを変えながら曲面を描いているはずですが、このキットはそこまで曲面が再現できておらず、どちらかというと一定のRを部分部分繋いでいるという感じ。
この辺はコンピュータ設計より昔の木型の方が良かったんでしょうか。

まずはその辺を注意しつつよりなだらかな曲面になるようヤスリで削ります。
プラの肉厚が結構あるのでパテを持ったり裏打ちしなくても何とかなりそうです。

続いて、電ホ・今井氏作例を参考に断面には切り欠きを彫り込みつつ、その他少々ディテール追加。面の広いパーツなのでスジ彫りを追加するというのも有効なディテールアップだと思いますが、実機感を考えるとパーツ分割やパネル化されていない部分のスジ彫りは少々リアルとは言いがたいのと、ひとつの方法をあまり連続して使用するとディテールに少々飽きがくる(作業的にもw)ので、スジ彫り・凹凸モールド・切り欠きなど楽しみつつ追加していきます。

キュベレイの各所にあるピンクの部分って何だろうと考えてみると、機体のキャラクター的には何らかのセンサー?ってのもアリかと思いますが、普通は放熱ダクトだろうということでフィン状モールドを掘り込み。
ここでもプラの厚みが役立ちます。

比較用の写真と撮るのを忘れたのですが、裏側のディテールも部分的で少々説得力に欠ける感じだったので彫りなおしたり、スジ彫りを加えたりと調整しています。

qubeley-08.jpg

上端はプラの厚みを生かしつつ、2段落ちでモールドを入れました。

qubeley-09.jpg

丸い部分は当然フィンなので、それらしく彫り込み&ディテール追加。
こういった部分は成型上あまり深くモールドを彫りこめない部分なので、しっかり彫りなおすだけでも効果大ですね。

qubeley-10.jpg

表の合わせて裏側も適度にディテールアップ。
縁の厚みも削りこんで薄くしてやるとバインダーへの密着感が増すと思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/04/28(土) 21:10:43|
  2. HGUCキュベレイ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<GWも終わり。 | ホーム | 問題山積!?>>

コメント

はじめまして

凄いキュベレイが出来そうですね

知識がないんでわからないんですが
プラスチックに掘り込みを入れるときは
普通に彫刻等のようなもので彫ってるのですか?
  1. URL |
  2. 2007/04/29(日) 02:04:23 |
  3. 計一 #9DD8ZWDM
  4. [ 編集]

>計一さん
はじめまして。
古いものの一応HGUCということで、プロポーションより関節やディテールのアップデートに注力して製作してます。

プラへの彫り込みは、精密ドライバー(-)の先端を研いだ自作彫刻刀を使用してます。
プラぐらいなら100均の精密ドライバーを加工したものでも十分彫れるので、いろんなサイズを用意して各ディテールにあわせて幅を選択しています。
市販の模型用彫刻刀はもっと使いやすいのかもしれないですが、何本もそろえるには少々お高いのと、私的には現状で事足りるのでいまだに愛用してます。

エッジの段差モールドなんかはアートナイフの刃に少々加工したものを使用している部分もありますが、これは文章では非常に説明しづらいので、いずれこちらにでも画像つきで紹介したいと思います。
  1. URL |
  2. 2007/04/29(日) 23:32:25 |
  3. takayo4@管理人 #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

そうなんですか~スゴイっすね~

わざわざ詳しい説明ありがとうございます☆

100均行って見つけてこようかと思うます^^
  1. URL |
  2. 2007/04/30(月) 23:15:57 |
  3. 計一 #-
  4. [ 編集]

はじめましてもんもんと申します。
足立区(ドイトら辺?)在中の男30歳です。いつも素晴しい作品拝見させて頂いてます。
私も2段落ちモールドに挑戦したいのですが、アドバイスなんかあったら
教えて下さい。ノギスって使用されていますか?
  1. URL |
  2. 2007/05/02(水) 13:16:18 |
  3. もんもん #SFo5/nok
  4. [ 編集]

ご無沙汰しとります。
初期HGUCは力の入れ加減にまだ迷いがある感じですね。
後のハイゴッグではアッサリ全省略された肩裏モールドが別部品で入ってる割には、関節から思いっきりPC見えてたり。

最近のはABS多用で塗装・加工共にし辛くなってきたので、これ位の割り切った構造の方が「模型として弄る」には良い素材なのかもしれませんが。
そういえば最近はアサフレ見掛けませんね。削り心地が気持ち悪いwですが、塗れないABSよりは遥かにマシなんですが・・・・・・
  1. URL |
  2. 2007/05/02(水) 17:08:53 |
  3. 三曽野 #XP3D1ATI
  4. [ 編集]

>もんもんさん
はじめまして。
足立区…しかもドイトあたりってかなりご近所ですね。
うちはパール(西新井)の近くです…って超地元ネタですねw。

2段落ちモールドは、私の場合アートナイフの刃を削りたい幅だけ残して残りはプラ板を瞬着で貼り付けた物を使って、横向きにけがくようにアートナイフの刃が出た幅だけ一定に削るように作業してます。
この刃の出た幅の違うものを何種類か用意しておくといろんな部分に対応できると思います。

>三曽野さん
お久しぶりです。
HGUC初期はなかなかマニアックなMSをリリースしてたのもあると思いますが、モノによって結構ばらつきがありますね。
キュベやギャンに比べてガンキャノンとかはしっかり関節カバー付いてたりと…
ABSは軸強度を保つのとポリキャップの大きさに影響されずに可動部が作れるメリットがあるんで、今のところポストポリキャップの座は確実でしょうね。
私的にはアサフレックスなど軟質素材は表面処理はともかく、細かいディテールは入れられないのでかなり困り者です。
逆にABSの方がきちんと表面処理をすれば(少々硬いですが…)ラッカーならしっかり定着するし、ディテールも彫れるんでまだ良いかなという感じですね。
  1. URL |
  2. 2007/05/03(木) 21:51:14 |
  3. takayo4@管理人 #-
  4. [ 編集]

ABSの件補足

こんばんは。
ABSの件ですが定着性とは別の問題で、バンダイのABSは配合費が独特らしくてラッカー系を塗ると割れる事件が頻発しているらしいです。
エナメル溶剤の浸透割れみたいな感じでテンションのかかる可動部やダボ付近から逝くそうです。
バンダイにも結構な数のクレームが有ったらしく、HGUCの量ゲルの説明書には「塗るな」って書いてありました・・・・・・・
とはいえ塗らなきゃ完成しないんで、どうしたものかと・・・

ここに問題の詳細がまとめてあります。嗚呼、厄介。
http://abswo.blog102.fc2.com/
  1. URL |
  2. 2007/05/03(木) 23:44:54 |
  3. 三曽野 #XP3D1ATI
  4. [ 編集]

>三曽野さん
そんなに話題になってたとは…
確かに硬すぎるABS関節の保持力から着脱時などにパーツを割ってしまうというのはよく耳にしましたが、塗料に関係したものは初耳です。

私自身は全く割れたことがなかったのですが、常に塗装後の塗膜のはがれを防ぐためダボや可動軸周辺は塗装の厚み分、軸を削ったり穴を一回り大きくするなどの加工していたのが良かったのかもしれません。

量産ゲルはまだ買ってなかったので知らなかったのですが、「塗らないように…」は模型メーカーとしてあまりに無責任な感じがしますね。
多々のクレームに対する緊急回避的な対応で、今後何らかの改良が施されると信じたいですね。
  1. URL |
  2. 2007/05/04(金) 21:27:48 |
  3. takayo4@管理人 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://garaget4.blog50.fc2.com/tb.php/35-25294827
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

takayo4
ガンプラ・CG・各種Howto・投稿コーナーなどを掲載するガンプラサイト「GARAGE T4」の管理人。


ブログから入られた方HPはこちら。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。