GARAGE T4ライフ

GARAGE T4管理人takayo4のガンプラ製作記など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

今月の電撃ホビーマガジン

dhm0906.jpg

今月号の電撃ホビーマガジンにPGアストレイブルーフレーム・ショートレンジアサルトが掲載されました。
…といっても、本体は前回製作したもので今回はコンプリートセンサー仕様頭部とショートライフル、アーマーシュナイダーのみの製作です。

astrayshort01.jpgastrayshort02.jpgastrayshort03.jpg

頭部は頭頂部をいったん削り込んでからプラ板を貼り付ける形でセンサー部を新造。
あごもプラ板で製作、モノアイ状のアイセンサーはジャンクとHアイズを加工しています。

ショートライフルとアーマーシュナイダーはほぼプラ板でのスクラッチ。
ショートライフルは当初左右2丁用意する予定でしたが、設定画の到着の遅れもあり複製の時間がなかったので差し替えで左右装着可能な仕様で製作。
アーマーシュナイダーはプラ板積層からの削り出しで、ショートライフル下部にも装着可能です。

各部のセンサー部は1/100クラスならミラーデカールなどでごまかす所ですが、1/60ともなるとそうもいかないので、内部を作りこみクリアグリーンで塗装した塩ビ板を上から取り付け。
この手の透明パーツの固定には頭を悩ましますが、今回は両面テープを使用。
ある程度ののりしろを確保しておかなくてはいけませんが、仕上がりは接着剤と遜色なく、完成直前の作業だけに失敗のリスクが少ないのが利点です。

新商品情報の注目はまずはやはりMGグフ。
ガンダム&ジムVer.2に引かれてか、ザク、ゲルググに比べて極端にアニメ寄りのデザインになった気がしますが、その大半は頭部に由来するものなので、ここをいじる事でいろいろイメージが変えられそうな気がします。
スタイル的にはVer.1は全体的にかなりスマートなイメージだったので、こちらの方がいわゆるランバ・ラルのグフに近い感じですね。

引き続き、HGUC Hi-νガンダム。
すでにMGで発売されているものをトレースした感じですが、MGで感じた少々縦伸びした感じが抑えられて落ち着きのあるスタイルに見えます。
逆シャア世代のMSとしては大きさといいラインアップといいコレクションにはちょうどいいクラスなので
バリエーションの広がりはうれしいところですね。
スポンサーサイト
  1. 2009/04/26(日) 21:56:00|
  2. 電撃HM作例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

新調!!

ブログだけでなくHPの方の更新もしばらく滞っていましたが、WORKSの方に「ヘリオンメディウム」と「アリオスガンダム」をアップしました。
ダブルオーの放送の方は終わってしまいましたが、映画化の情報もありますし、後半続々登場してきたMSも今後キット化されるでしょうからモデラー的にはまだまだこれからという感じでしょうか。
ダブルオーのキット(特に1/100)は手ごろな価格と気軽に作れるパーツ構成ながら良キットが多いので時間さえあれば他にも作ってみたいところなのですが…

e520.jpg
今まで模型から記念撮影までメインで使ってきたCanon PowerShotA75は300万画素時代の代物で、典型的なコンパクトデジカメながら絞りやシャッタースピードなどをマニュアルで調整できるので長年愛用してきたのですが、さすがに古さを感じてきたのでカメラを新調しようかとしばらく悩んでいましたが、ついに新たな愛機を手に入れました。

オリンパスE-520。
1000万画素デジタル一眼レフで、手ぶれ補正やライブビュー、顔検出機能などコンパクトデジカメの使いやすさも盛り込まれて標準、望遠レンズ付きで5万円半ば…いい時代になったものですw。
人生で初めてのカメラらしいカメラ購入ということで、いろいろ勉強しつつ検討したのですが、正直写りそのものに関しては各社同クラスでは大差を感じられないというか、そこまでの眼も腕もないので主に機能で選択。
オリンパスのデジ一はフォーサーズ規格ということでコンパクトさと引き換えに一眼の売りであるボケ味が微妙に弱いとか、交換レンズが少ない、光学ファインダーが小さいなどと言われますが、レンズに関しては特に手持ちのものもなく今後もそんなに購入予定がないのでいいとして、その他も厳密に多機種と比べればの話なので、普段よりメリットになるであろう小型軽量さと模型撮影では重宝するライブビューの有無が決め手になりました。

sakura01.jpgsakura02.jpg

季節柄、近所に桜を撮りに行ってみました。
近年は超小型のデジカメはともかく、高倍率デジカメなどはかなり性能が高く、レンズ交換なしのマクロや望遠はある意味一眼以上のものがある気がしますが、適度なボケを生かした遠近感のある画像はただ撮っただけでもなんとなくアートな気分を感じられますね。

kick01.jpg

どちらかというとコンデジとの違いを大きく感じるのが、室内撮影。(モデルは我が家のキック君)
特に動物は動きが激しく予想しづらい上に、室内となるとコンデジではシャッタースピードが極端に遅くなる(早くすると暗くなるか明るくてもノイズが増える)ので難しいことこの上ないのですが、デジ一ではそもそもの感度の高さやレンズの形状の違いから、シャッタースピードを上げても画質の劣化が少ないので手ぶれというか主に被写体ブレが抑えられれ、シャープな画像が撮れます。

ライブビューに関しては正直コンデジほどのレスポンスや使いやすさには及びませんが、マクロ撮影や模型のように構図を何度も確認しながら撮影するような場面では非常に便利です。
プラモの方はまだ軽く撮影した程度で慣れてないのもありますが、ポーズを変えながら何十枚もとるような場合はファインダーを見ながらだと姿勢も辛いし、眼も疲れそうです。

とにかくコンデジに比べていかにも写真を撮っているという感覚で(車で言うとATとMTの違いのような)、今まで特に気にも留めないようなものもついつい撮りたくなってしまいます。
今のところなかなか遠出する余裕がないのですが、時間を見つけていろいろ撮りに行きたいですね。
  1. 2009/04/19(日) 22:56:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

takayo4
ガンプラ・CG・各種Howto・投稿コーナーなどを掲載するガンプラサイト「GARAGE T4」の管理人。


ブログから入られた方HPはこちら。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。