GARAGE T4ライフ

GARAGE T4管理人takayo4のガンプラ製作記など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

宣伝~w!

hellionmid01.jpg

今月号の電撃ホビーマガジンに管理人製作のヘリオンメディウムが掲載されました。
すでに3体目のヘリオンなので、設定画を見た時にどことどこが今までのと違うと自然と判別できてしまったのが自分でも怖いぐらいですが、普通に人にどの程度分かるのかという疑問も…w。

こいつが登場するダブルオーPはTV版以前の話なので、AEU陣営には当然イナクトなどなく、これらの旧型ヘリオンが主力機になっているという設定で、デザイナーの福地氏の意図はモデルチェンジを繰り返すごとに軽量、スリム化している。ということですが、私的には初期の丸みを帯びたジェット戦闘機から現在のステルス機のようにエッジが効いたデザインへ移行しているような印象も受けます。

oop vol2

あわせて、管理人製作のヘリオンイニティウムやアストレアタイプFなどが掲載されている、「ガンダムOOP Vol.2」も発売になりました。
基本的には今まで誌面で連載されたものをまとめたものですが、本誌を毎月買っている人も、買い逃した人もストーリーをまとめて楽しめるので、ダブルオーファンの方は本編のストーリーに深みを与える意味でも一読の価値ありかと。
スポンサーサイト
  1. 2008/10/25(土) 20:51:19|
  2. 電撃HM作例
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

緊急招集!?

週末にあだちっくの緊急招集。
なんていうと物々しいですが、実はうれしいプレゼントの配布のためのいつもの飲み会w。
いつもより急だったのにみんな集まれるのは地元ならではかも。

そのプレゼントというのがコレ。

ver adachikku01

かの有名な拳王バーニア!しかもVer.あだちっく!!
奇遇にもザクVer.2を作ってるメンバーが多く、ちょうどいいサイズのバーニアがないねぇ…なんていってたら、総統のsakuziさんの尽力で拳王さんに作っていただいた次第です。
基本的な寸法はみんなの意見をsakuziさんが取りまとめてだし、微力ながら私もデザイン案を出させていただき、他に類を見ないバーニアが完成したわけです。

ver adachikku02

私もありがたいことに拳王さんからいくつかバーニア頂いているのですが、せっかくVer.あだちっくということで今までにないものを…しかもザクをはじめ一年戦争系にフィットする少し小ぶりでちょっと無骨な感じのデザインをイメージ。
バーニア外周のラインを凹のラインではなく、立体的な段差で表現することで小ぶりながら存在感のあるバーニアになってると思います。
しかし、イメージしていたものより数段かっこいいものが毎回出てくるのが拳王さんのすごいところ。
こうして撮影してみると、すでにこれだけで一つの作品といえますなぁw。
しかもR型も作れるようにこの一回り大きいサイズも用意してくれてるとは…

拳王さん、今回もありがとうございます。

zaku ver2 01

さて、そのザクですが基本的な工作はほぼ終わりです。
腰のフロントアーマーですが、やはり足をハの字立ちさせると隙間が目立つのでプラ板で幅増し、ついでに下端も側面と同じラインになるように延長。

肩のスパイクと動力パイプは拳王さんからの頂きもののアルミ製。
全身のディテールはキットのものをベースにしたり一部省略したりしながら、マイブームの凹モールドをBMCタガネをメインに彫り込みました。

頭部はあだちっくで集合した時にsakuziさんやバーム・クーヘンさんがやっててかっこよかったので、頭頂部の削りこみとモノアイスリットの上面に0.5mmプラ板を貼って幅を狭め、くちばしは0.75mmのプラ板を貼って延長。
これで相対的に頭部が低く前後に長くなったようでシャープなイメージになったと思います。
パクりと言われようが、せっかく仲間が集ってるんだから良いものは吸収しないと勿体ない、そう勿体ないのですw。
  1. 2008/10/13(月) 12:38:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ダブルオー2nd

ついに始まりましたね、ダブルオー2ndシーズン。
1st後半はかなり悲劇的な展開で幕を閉じたので、数年が過ぎて各キャラクターがどのように変化したのか、また良くも悪くもガンダムによって代わってしまった兵器体系がどのように描かれるのか楽しみです。
ダブルオーのストーリーの根幹は暴力をなくすための暴力の是非だと思うのですが、これはアメリカを中心とした先進国の紛争やテロ支援国家への武力介入と現実問題にも直結しているので、この矛盾をどのように描くのかがストーリー的な注目点ですね。

兵器としてはやはり1st後半でもガンダムを苦しめた太陽炉を装備したMSが標準化され、これにガンダムがどのように対抗するのかという点。
正直、主役機だけが理不尽に桁違いの強さを誇るというのはあまり好きな展開じゃないので、せっかくガンダムも各タイプいるわけなのでそれをいかした戦術やパイロットの技量など頭を使った戦いをしてもらいたいです。

プラモ的には1stの1/100は非常に良く出来ていて、個人的にはフレームや複雑なギミックのためにパーツ数と価格が膨れ上がった近年のMGより歓迎したいシリーズだったので、この展開に期待。
じゃあ作れば?って言われると、機体への思い入れという点でやはり他に優先してしまうキットがあるわけですが、SEEDでは基本的に1/144と1/100は大きさと一部色分けのためのパーツ分割の違いぐらいだったものが、ダブルオーでは明らかにディテールなどの密度感の差をつけてスケールごとに作り分けているのが好印象。
今後ダブルオーシリーズ以外でもこの考え方を踏襲して欲しいです。

さて、製作の方ですが諸事情で一ヶ月ほど延期していた作例の方が終了しまして、今はMGザクVer.2(F型)を製作中。
正直いじる必要がないというか、ここまで計算しつくされてるといじるのがもったいないという気すらしてくるのですが、やはり定番の腰アーマー延長はやった方がいいんだろうか。
今度のシン・マツ機の腰アーマーは延長されてるそうなので、コレを使うのもありだと思いますが、今後R型と並べることを考えると、胸の形状と合わせて機体の差別化ということであえてこのままっていうのもありかなと。
きっとバンダイもその辺を考えて…と思いきや黒三やジョニR2はそのままのようだし…ん~微妙。
  1. 2008/10/05(日) 20:32:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

takayo4
ガンプラ・CG・各種Howto・投稿コーナーなどを掲載するガンプラサイト「GARAGE T4」の管理人。


ブログから入られた方HPはこちら。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。