GARAGE T4ライフ

GARAGE T4管理人takayo4のガンプラ製作記など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ライターデビュー

気づいてくれた方もいるかもしれませんが、今月号から電撃ホビーマガジンの方でライターとしてデビューすることになりました。(本誌中程、アストレイの緑のヤツです。今月は付録がないので立ち読みもできますよw。)

一昨年のガンプラ王がきっかけといえばきっかけなのですが、かなりの時間が経っていた事もあり今回のデビューにはいろんな方のご協力があってこそだと思ってます。
少なくともこういったサイトも持たず1人で模型を作っていたらこういった機会には恵まれなかったと思うので、ホントに持つべきものは友だと実感しました。

自分でサイトを運営するようなある意味ディープなガンプラファンには、最近の模型誌や模型業界には否定的な方も多いかもしれませんが、初心者を大事にするというのも業界全体から見れば非常に大事なことで、初心者の育たない環境は決してよい将来をもたらすことはないと思います。

私自身、全く模型から離れていた十数年からここまで引き込まれるきっかけになったのは幼馴染の親戚のふとした一言だったわけで、アクセス数の多少はあるにせよ一個人のサイトと全国の書店の店頭に並ぶ模型誌の影響力の大きさは比べるまでもありません。

ご存知の方も多いと思いますが、趣味で模型を作るアマチュアとお仕事として模型を作るプロでは環境も、求められる成果も全く違いますから、今はまだ出来ることにも限りがありますし、いつまで続けられるかも分かりませんが、いつかはふと書店で手にとった人が模型を作りたくなるような作例を作れたらなと思います。

実は今月号の作例の製作時期と百鬼のガーベラの製作時期が被ってしまい、結果的にガーベラの製作がかなり厳しくなってしまいました。
基本的には作例に関してはネタや製作状況を公開することは出来ないので、こちらの更新ネタにも少々困ることが増えるかもしれませんが、その辺はユル~くお付き合い頂ければと思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/09/26(水) 00:13:23|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

ガーベラアップ

連日、みなさんから百鬼夜行のお祝いコメントいただきありがとうございました。
本来、サイトやブログなどをお持ちの方には全てご挨拶に回るのが礼儀だと思いますが、只今、少々事情があり時間的に非常に切迫してましてこちらでのレスのみの対応になってしまうことをお許しください。

当日、現地に来られなかった方もいると思うので、取り急ぎガーベラのページだけ更新しました。
時間的なものもあり、細かい説明よりもかなり画像に頼ったものになってしまってますが、この手の改造はかなり感覚的な部分が多いので返って分かりやすいかなとも思います。
もう少し、途中で細かく画像を残しておけば最高でしたな…
  1. 2007/09/21(金) 00:04:08|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

百鬼夜行 終焉

096-1.jpg

日曜日に開催された3回目にして最後の百鬼夜行。
参加作品のガーベラの方はこちらに完成の報を載せる間もないぐらいギリギリで完成→撮影→梱包って感じだったので、会場でもいろんな方にご心配頂いて恐縮でした。
結果の方ですが、第一回に続き第一位という光栄な結果となりました。
参加された方、見に来られた方はお分かりだと思いますが、百鬼は毎回レベル目に見えてレベルが上がっていて、実物展示という形もあって様々なコンテストの中でもかなり難易度が高い(敷居が高いという意味ではなく)ものなのでこの結果は非常にうれしいかぎりです。
投票していただいた方々、本当にありがとうございました。

airtex.jpg

賞品の方も毎回グレードアップしてまして、表彰式の緊張もあってどれにしようか少々パニック気味でしたが、今後の為にコンプレッサーを頂きました。
今まではクレオスのL5で、さすが不動の定番だけあって扱いやすかったのですが、少々吐出量が物足りないこともあったのでこれの性能には期待大です。
百鬼1stで頂いたコラーニ同様、大事に使わせて頂きたいと思います。

しかし、結果に関わらずこういったイベントは実際に参加するのがとても楽しくて貴重な体験です。
おそらくこういう機会がなければ一生出会うことのない方にめぐり会えて、親戚でもそんなに会わない頻度で地方のガンプラ仲間と会えるわけですから。
スポーツなんかと違って模型趣味は基本的に孤独な作業なのですが、やはり仲間がいてこそ趣味の幅が広がり、楽しみを共有できるんだなとあらためて感じます。
あらためてこういった場を提供してくれた実行委員の方々にお礼を申し上げたいと思います。

この百鬼をきっかけに今後もこのようなイベントがまた開催され(二百鬼夜行とかw)またガンプラモデラーの交流が広がることを期待しつつ、とりあえず「さようなら、百鬼夜行。ありがとう、百鬼夜行。」
  1. 2007/09/18(火) 07:30:37|
  2. 百鬼夜行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:25

いよいよ…

今回でラストになる百鬼夜行もいよいよ今週末となりましたね。
ガーベラの方はこの週末でなんとか塗装まで持ち込みましたが、今回はパテ中心の工作だったので、普段慣れたプラ板中心の工作よりかなり表面処理に手間取りました。

ある程度の気泡や穴埋めはプラ材を貼り合わせた工作でも似たような物なのですが、一番の難点はプラ部分とパテ部分の素材の違い。
私は気泡の少なさと盛り付ける時の形の出しやすさ、硬化後の硬さからエポパテを使用することがほとんどですが、それでもプラ素材と比べると格段にやわらかいので表面にプラとパテが混在するような場所の表面処理ではどうしてもパテも部分だけ少し多めに削れてなかなかきれいな面が出ない。
直線的な部分であれば、当て木をして削ればそんなに問題ないのですが、今回のガーベラのように曲面が多いとそうもいかないので、修正してもエンドレスの様相を呈してきて、非常にストレスが溜まります。
さらに穴やヒケの修正にプラよりさらに硬い瞬着を使うとより難易度が上がります。

hikari.jpg

なので、結構前に買ったもののいまいち使う機会がなかった「タミヤ光硬化パテ」を使ってみました。
日光や蛍光灯から出る紫外線で2~3分で硬化するのが最大の利点ですが、私的には硬さがプラに近いのに注目。
ある程度硬いということで、切削性はポリパテやエポパテより良くない部分もありますが、エッジや薄い断面など比較的シャープな造型を求められるガンプラでは、他のパテではポロッと欠けてしまいそうな部分でも安心して削れる利点があると思います。

しかし、欠点もあって定着力が少々弱い。
このことは前から噂で聞いていたので、盛り付ける前にある程度下地を荒らしておいたのですが、今回はすでにエポパテで作ってしまった部分の上から修正の為に盛り削りしたせいもあってか、盛った部分を薄く削っていくと結構剥離が見られました。
結局そこを瞬着で補強するので結果的には最初から瞬着やアルテコを盛ってもあまり変わらない気も…

もう1つは一度にあまり厚く盛れないこと。
あまり厚く盛ると硬化に必要な紫外線が届かないということなんですが、実際どれくらいまでOKなのか試していませんが、パテそのものの粘度から言ってもエポやポリのような盛り方は出来なそうです。

あと強いて言えば価格ですが、これはパテでのスクラッチのような使い方をしなければアルテコなどと大差ないかと思うんで、この辺の改善もしくは改善策があれば万能といえるかもしれませんが、まぁ、適材適所で使うには十分使える素材だと思います。
  1. 2007/09/10(月) 20:25:44|
  2. 百鬼夜行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

takayo4
ガンプラ・CG・各種Howto・投稿コーナーなどを掲載するガンプラサイト「GARAGE T4」の管理人。


ブログから入られた方HPはこちら。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。