GARAGE T4ライフ

GARAGE T4管理人takayo4のガンプラ製作記など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プチHowto

只今、塗創館さんで開催中のM-1決勝戦用のMGキットを作っていますが、投票制のためネタバレ禁止なのでプチHowtoなどを…

本当はきちんとHowtoのコーナーに「MODELING」としてあげようと画像だけは撮っておいたのですが時間の関係で何かと後回しになってきていたので、この機会に…とはいっても特にめずらしいものじゃないし、あちこちで紹介してるものと変わらないかもしれませんが「こんな風にやってるんだ…」と思ってみてもらえば幸いです。

まずは基本的なスジ彫りから。
まず、スジ彫りを彫ったことがないとかあまり得意でないとかいう場合はなるべく平らなものからはじめた方が失敗がないです。
念を入れるならいらないプラ板(ってあるのか?)なんかベストです。
01.jpg

私の場合、まずエッチングのテンプレートを利用してシャープペンで下書きします。
もちろん下書きはスジ彫りのガイドになりますが、広い面にスジ彫りを入れる場合、結構パターンにセンスを問われるのでここで試す意味あいもあります。
定規ではなくテンプレートなのはある程度曲面でも曲がって定着するし、薄いので定規の厚み分線がずれるのを防げます。
同様にシャープペンも製図用の0.3mmとかのほうが、線の太さ分のズレを防げるのでお薦めです。

03.jpg

下書きが終わったらシャープペンをケガキ針に持ち替え、彫っていきます。
彫るといってもはじめは軽く当てていく程度で徐々に強く彫り進めます。
ガイドにするテンプレートなどがずれてしまうと修正が面倒なので、持って固定しづらいときは両面テープなどで貼ってしまうのも手です。

04.jpg

ケガキ針だけで深く掘っていくと徐々に太くなるとともに彫った周辺が荒れてくるのである程度辺りをつけたらハセガワの「ラインエングレーバー」(細彫りできるPカッター)で深く彫りなおします。
このあたりは彫る場所、形などによってエッチングソー、アートナイフの刃先をいじったものなどなど臨機応変に使い分けますが、いわゆる普通のPカッターは彫りが浅く太くなるので使わない方が賢明でしょう。

05.jpg

最後にスチールウール(TOOLコーナー参照)でスジ彫り周辺の毛羽立ちを落とします。
スチールウールはスジ彫り以外でも凹モールドなどペーパーが入りにくいところをならすのに便利ですがあまり頼りすぎるとエッジが垂れますので適度に使いましょう。

とりあえず、今回は平面のスジ彫りを紹介しましたが、個人的にはスジ彫りは何でもかんでも細ければ良いというものじゃなくて、細かなパネルラインや大きな部品の分割ラインなど適材適所で太さを調整した方がメリハリがあると思うのですが、どちらにしても最終的に墨入れがきれいに入るを言う面を考えると深いに越したことはないと思います。
要は深く彫るとどうしても太くなりがちなので細いけどきれいに墨の入るスジ彫りは難しいんですね。

よく墨入れがきれいに拭き取れないとか、線が途切れがちになるという悩みを耳にしますが、これはほとんどスジ彫りの段階で彫りが甘いのが原因だと思います。
私も実際墨の拭き取りは好きな作業じゃないので、その分下準備には念を入れますw。
ディテールアップの一環としてスジ彫りに挑戦するのも楽しいのですが、この辺でお悩みの方はまず、キットのスジ彫りやモールドを彫りなおすことからはじめるのが良いかと思います。

そんなわけで次回は少々やりにくい場所へのスジ彫りの仕方を紹介したいと思います。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/18(木) 22:00:18|
  2. Howto
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

もしもしMSVオフ会in名古屋

先日完成したプロトタイプガンダムを手に名古屋で行われた「もしもしMSV」のオフ会に参加してきました。

6日夜から東京駅にn兄さん、上原みゆきさん、カインさん、RUNさん、団長さんと待ち合わせ、夜行バスで6時間、一路名古屋に。
しかし、バスの最後列にはn兄さん、上原さん、カインさんというHJライター陣。そして私。
考えてみると「私、居ていいんでしょうか?」という豪華メンバーですねw。

nagoya01.jpg

地元メンバーの方々に車を出して頂き、喫茶店でモーニング。
東京の感覚だと十分安い3~400円の飲み物に(前夜の東京駅のピザ屋のコーラは500円したし…)たった1~200円プラスでしっかりしたトーストやサンドイッチ類やサラダなんかのセットが付いてくるんだから、東京だったら行列必死でしょうね。
この手のバスの到着は大概早いものなので、少々ゆっくりしていると吹雪のような雪が…何しろ各地方から参加者がいるので少々心配。(もちろん自分達もだが…)

その後、地元模型店にて、作品回収&いろいろ物色。
今や全国的に少なくなった地元のモデラーが集う模型店、ぜひがんばって欲しいものです。
お昼はうなぎをいただく。
思えば自腹でうなぎを食うということはあまりないが、それを差し引いても十分おいしかったですw。

バスではろくに寝られるわけもなく、お疲れメンバーに気を使っていただき早めに宿へ。
早々に温泉で体をほぐし、一眠りのはずがいつの間にやら卓上でミニ展示会。

nagoya03.jpg

会場は約40人の参加者の席を設置しても半分余るぐらいの大宴会場。
それなりに年期の入ったステージではあるが、ここにこれだけのガンプラが並ぶのはおそらく初めてでしょうw。

nagoya02.jpg

地元模型店などから提供していただいたお土産の数々。
「もしもし」はコンテストでないから好きな人は好きなだけってこと。
どんな時も帰りのカバンの空きは確保しておけってことですねw。

肝心のオフの方は滞りなく進行。
ただ、大阪方面からのkeitaさんとnishiさんが雪の影響で欠席。
お会いするのは百鬼以来で年に何度もお会いする機会はないのでとても残念。
百鬼のオフでも50人ぐらい参加してましたが、このクラスのオフ会場ではなかなかすべての方とお話することは出来ないのでが、今回は泊まりの参加者が多いということで2次会も別室でゆっくりと…比較的多くの方といろいろお話できてわざわざ名古屋まで足を運んだかいがありました。

作品に関しては主催者のn兄さんの働きかけの努力もあると思いますが、泊まりででも参加する意気込みのある方々の作品だけにかなりハイレベル。
近年ではMSVのニューリリースもあまりないなか、これだけネット界でMSVが話題になり製作された年もなかったのではと思います。
旧キットのMSVは一部を除き今でも普通に手に入るし、改造の際ベースになる機体はHGUCでもほぼ揃っていて、両方を組み合わせることで、新旧キットの歴史を感じるとともに、それぞれに必要なスキルを学ぶことが出来る。
旧キットというのは単にノスタルジーに浸るだけでなく、普通に作るだけでもかなりの技量を要求されるので、実はレベルアップの練習にはよいだけでなく基本を知るよい素材だと思うのです。
n兄さんがMSVを選んだのはその辺にも理由があるのかなと勝手に想像してしまいました。

いわゆる夜明け前まで数名が生き残りw、起床までしばしお休み。
温泉効果なのか40時間以上で数時間しか寝ていないのに意外と疲労は少なく、スッキリ起床。
朝食をみんなでいただき、名残を惜しみながらもそれぞれの帰路につく。

nagoya04.jpg

お昼は名古屋駅地下の人気店でみそカツをいただく。
お初なのですが、思っていたよりさっぱりしていてとても美味。
こちらではあまり馴染みのない味付けだけど、きっとまた食べたくなる味ですね。

nagoya05.jpg

nagoya06.jpg

帰りのバスの時間調整に駅地下とぶらついているととんでもないものを発見。
ミニフィギア系メインのショップのようだが、ショーケースには模型誌やコンテストなどで見たことのある作品が…って、上段にHJに載ってた田村友氏のメッサーラが!!!
誌面で見たときは久しぶりに度肝を抜かれるというか、こんなものを作れる人間がいることに喜びとも嫉妬ともつかない感情を覚えたんですが、まさかなまで見られるとは…
誌面で見るよりずっと深みのある複雑な色をしているし、なによりその超絶ディテールは生で見てこその精細さ。
このディテールを印刷物で表現しようと思ったらカレンダーばりの大判じゃないと無理でしょうね。
ここ数年、いろんなところに足を運んで実際にいろんな作品を見てきましたが、その中でもこれは数少ない限りなく芸術に近いガンプラだと思います。
ガンプラを作り続けるかぎり、路線や製作方法は違ってもいずれこういったオーラを放てる作品を作れるように努力したいものです。

帰りは連休最終日の渋滞の心配をよそに順調にご帰還。
こういう貴重な機会を作ってくださったn兄さんはじめ地元で準備していただいた方々に感謝しつつ、このオフでの出会いを大切に模型ライフを充実させていきたいですね。
  1. 2007/01/09(火) 21:24:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

遅めのご挨拶

遅くなりましたが、みなさん、あけましておめでとうございます。
今年も製作や更新スピードなどなど遅くなることはあっても速くなることはないと思われますが、どうぞお付き合いいただければと思います。

s16.jpg


新年一発目のプロトタイプガンダム、アップしました。
まぁ、年末には完成していたのですが新年ならではのゴタゴタがありまして撮影&編集がやっと終わりました。
年末に向かってなかなか時間がない時期もあって、製作時間が思ったよりかかってしまいましたが、とりあえず満足できるものが出来たと思います。
実際には多少気になるところ、もう少し手を加えたかったところ等など、ないといえば嘘になりますがそれがなくなったら進歩はないという言い方も出来ますからw。

色に関してはちょっと趣向を凝らして、ロールアウトカラーにするとかレックレス版の黒/銀にするとか考えましたが、今まで白/黒のいわゆるプロトは作ったことがなかったので今回はスタンダード路線です。
スケール違いではありますが、これでVer.Kaの1~3号機を作ったことになります。
いずれこのフォーマットでプロトとG3も作りたいですが、いつになることか…

只今、M-1決勝用のキットを製作中。
特設ルール(?)により、ネタバレ禁止でこちらではアップできませんので、しばらくは雑談チックなものが続くと思いますが、ご容赦ください。
  1. 2007/01/05(金) 23:54:26|
  2. プロトガンダム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

takayo4
ガンプラ・CG・各種Howto・投稿コーナーなどを掲載するガンプラサイト「GARAGE T4」の管理人。


ブログから入られた方HPはこちら。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。