GARAGE T4ライフ

GARAGE T4管理人takayo4のガンプラ製作記など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

猛スパート

ジ・Oの完成期限が迫ってます!!
只今、塗装中です。
M-1の締め切りが今月末なので、今日中に基本塗装を終えて明日墨入れ&マーキング、最終日は幸い土曜日なので早起きして仕上げ&撮影で何とか滑り込みか…(汗)
こんな時は31日の存在が大きく感じますw。

ホントはもう少し余裕があるはずだったんですが、あいにく昨日、一昨日と雨で高湿度。
かぶらないようにチマチマ塗ってたら思ったより時間が…

まぁ、とりあえず最後の製作記を。
20060928215014.jpg

20060928215024.jpg

フロントアーマーは当初延長を考えてましたが、隠し腕の収納や裏面のモールドなどを考えると作り直した方が吉と判断。
サイド部分はノーマルの延長としつつ、中央部は電ホの小林和史氏の作例のデザインを参考にプラ板で新造。
上にフィン状のインテーク下にスラスターを配し吸入→排気をイメージ。
裏側は隠し腕収納部をプラ板で作り直してます。

20060928215039.jpg

フロントアーマーを大型化した分、もともとちょっと貧弱な股間部分がより弱々しくなってしまったので勝手にアレンジしてプラ板で大型化。
全身スラスターのジ・Oらしくここにもスラスターを配置。

20060928215051.jpg

最後にライフル。
ジ・Oってもともと本体の割にライフルが地味で個性がないなと思ってたんですが、本体をボリュームアップしたらそれがいっそう強調されてしまった気がしたので、こちらもボリュームアップ。
まずグリップを区切りに前半分はプラ板で作り直し、後半分はプラ板で4mmほど幅まし&構えた時ストック部分がヒジ関節側面に収まるように延長。
グリップはMG Z用のHDMを使う関係でちょっと延長。

前半分はどっかで見たような気もしますがw、一応ある程度オリジナルで。
大型ライフルらしくバイポッド代りにスライド伸縮タイプの脚を装備。(動きはしませんよw。)

さて、寝不足覚悟で塗りますか…
スポンサーサイト
  1. 2006/09/28(木) 22:11:56|
  2. ジ・O
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

久々。

しばらく他のネタがありまして、久々になりますがジ・Oの続きです。
というか、塗創館さんのM-1の締め切りは今月末なので実はもうサフを吹く段階に来てます。
でも、サフ後は地味~に表面処理と修正の日々でネタが枯渇するので、細々と改修箇所を紹介していきますw。

20060920215040.jpg

まずは胴体背面。
羽根類はプラ一枚で成型されてる関係もあって、マッチョなジ・Oにはちょっと役不足。
取り付け基部など一部きっとパーツを流用しつつ、プラ板で新造。
首周りや後々予定してるフロントアーマーの形状を直線的に修正するのでこの辺もちょっと直線基調にしてます。
トップの部分はちょっと大きめにした方がカッコいいんですが、あまり無意味なものが突き出てるのもなんなので、往年のフォーミュラーカーを参考にエアインテーク的な形状にしています。

20060920215109.jpg

続いて、脚部。
もはや定番の感もありますが、スネのアーマーは全体のバランスからしてちょっと厚みが足りない気がするのでエポパテでボリュームアップ。
裏面全部に盛った方が楽で良いんですが、長い目で見るとあまり重くなるのが嫌なので見える縁に部分にのみ盛っています。
まぁ、足なんで関節にはそれほど負担じゃないですけど浮かせてポーズとったりするときはただでさえ脚の重いジ・Oなので股関節が保持力不足になりそうで…
本来、ひざ側面に丸いディテールがあるのですがなんか中途半端でひざ関節との位置関係も微妙なので思い切ってカット。
面が広いパーツなのでスジ彫り、ディテールなど存分に盛り込めます。


20060920215058.jpg

靴の部分も一工夫したい部分が…
甲の部分の窪みは意外と組み立て後も隙間から見えるわりにかなりあっさりしてるのでレジンブロック(レジンをプラケースなどで固めて板状にしたもの)でフレーム部分を延長。
足裏は普段あまり見えませんが、非常に面積の広い部分なのでディテールを追加したり、フィン状のモールド部分をくり抜いて作り直したりして、全体の密度に合わせるようにしています。

全体のパーツはもちろん、意外と少し見えるところとか普段見えないところは注目されやすいので、こういったところにひと手間加えるといいかなと。
  1. 2006/09/20(水) 22:20:34|
  2. ジ・O
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ご帰還。

fahazel.jpg

去年のガン王の出してからずっと編集部に預けていたフルアーマーと2次課題のヘイズルがご帰還しました。
多少擦れてるところとかはありますが、奇跡的に大きな破損はなし!
どちらも普通のガンプラからすると圧倒的に壊れやすく、変な形のブツなのでこれはホントに奇跡的。
二つまとめて大きな箱(80サイズ×2+α)で郵送されてきたのでどうなっているのやらとドキドキモノで開封しましたが思わず抱きしめたくなるぐらいw。

ただ、なぜか一番丈夫と思われるヘイズルのベースの後の部分が割れてました。
ヘイズルは無傷なところを見ると撤収時にベースだけ落としたのかも。
まぁ、ベースぐらいは大目に見ましょう、この際。

あと、予想はしてましたがヘイズルのバックパックにイエサブの関節技で接続したブースターがゆるゆるに。
もともとそれなりに重みのあるものを小さいボールジョイントでくっ付けてるし、持ち運びのたびに外さなくてはならない部分なのでいつまで持つかという感じでしたが…もうボールジョイントの交換は出来ないので可動は捨ててプラ棒かなにかに接続方法を変えようかと思います。

しかし、この2体完成してから程なく出品(特にヘイズルは撮影だけしてすぐに梱包→発送)してたので、あまり気にしてなかったのですが、すげぇ場所取りますw。
最近PGはじめ、HGUCサイコやガンコレWBやムサイとかでかいキットたくさんありますが、みなさんどうやって飾ってるんでしょう?
昔は飛行機とかは天井から吊ってるヤツいましたけど、この手の大きさ落ちてきたら洒落にならないでしょう…w。
  1. 2006/09/15(金) 21:23:38|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

第一回あだちっく

週末にTOPにバナーもあります「足立区モデラーズクラブ あだちっく」に参加してきました。
といっても都内か近郊の方しか分からない地名でしょうが、東京の極東w。
都心より千葉埼玉に近いという土地柄、ビートたけしの地元ということでお聞きになった方もいるかと。

百鬼1stで初めてお会いしたsaku-zionのsakuziさんと地元ということでいずれ…といっていたのがやっと実現できました。(というか完全にsakuziさんに任せっぱなしでしたが…汗)

参加者はsakuziさん、シンたろーさん、バームクーヘンさん、かずちんさん。
区外からn兄さんことn.bloodさん、rokuさん、toropenさん、拳王さん、nagaokaさん。
初回から全員参加+スペシャルゲストとはsakuziさんの人徳のなせる技かw。

会場はsakuziさん宅、土地鑑も効くし時間もかからずコレは地元オフならでは。
しかしsakuziさん宅ではすでにご馳走を用意して準備万端。
ホントに頭が下がります。
しかし同じ区内とはいえ(あまり関係ないが…)良いお宅。昭和丸出しの我が家とは大違いですw。

sakuziさんが百鬼1stで私のZZを見て製作に取り掛かってくれたというZZとの2ショットの約束も達成され、集まった作品は当初の地元オフの予想を超えハイレベル。
こういったオフのあとはテンションが上がると言うか張りつめて作業がはかどるんですよね。(ちょい寝不足でも…)

区外参加のnagaokaさんはあのオラザクで有名な方ですが、2004オラザク大賞の「MECHANICS ZAKU」の頭部やコックピット周りを持ってきてくれました。(あの大きさで全部は無理ですから)
私のイメージするいわゆるガンプラとはかけ離れた製作方法とコンセプトですが、そういった懐の深さもガンプラのいいところ。
製作までの軌跡を写真を交え見せていただき勉強になったとか参考になったとか以上に純粋に楽しかったです。
さすがに全身を作る予定だった(というか途中まで作ったそうなw)とか聞いた時はわが耳を疑いましたがw。

いわゆる飲み屋などでのオフはいつもいいおっさんがガンプラを愛でることへの周りの目との葛藤ですが(ただしある程度回数を重ねると克服可w)こういったアットホームなオフはまるで昔友達の家にプラモとニッパーと接着剤を持って遊びにいった感覚でとても新鮮でした。
ホストのsakuziさん宅では準備から後片付けまでとにかく嵐のような1日だったと思いますが楽しい時間を送れてホントに感謝してもしたりないぐらいです。

模型が好きで上達したいと思ってる方はオフなどの機会があったらぜひ参加されることをお薦めします。
最初は見ず知らずの人達と会うこと自体抵抗があるかもしれないですが、作品を交え製作者と直に会話できることは、イベントなどで作品を見るのとは段違いに勉強になりますし、基本的に孤独な作業の模型作りにもいつもと違う楽しみが加わるはずです。
  1. 2006/09/10(日) 22:05:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ジ・O腕

今日はジ・Oの腕関係です。

20060909001858.jpg


ノーマルのヒジ関節では前腕部に対して細すぎて弱々しく見えるのと前腕部の妙に間延びしたような面が気に入らないので、ヒジ関節を2mmプラ板でサンドイッチして幅増し。
ついでにヒジの動力パイプ状モールドは削り落とし、前腕部の軟質パーツの動力パイプ部もプラ板で作り直し。
個人的に結構この時代のMSに多い大リーグ養成ギブスのような必要以上にまとわり付くような動力パイプはあまり好きではないので替わりにフレーム状ディテールにしてます。
ジ・Oも脚部フレームにはかなりパイピングがあるものの内部フレームだから許せるんですがハイザックやガザシリーズとか明らかに可動に支障あるでしょう…と。

ザクⅡやR型はザクⅠからの出力向上のため外部動力パイプが必要になったという一応の理由はあるし、何よりあのデザインで完結してるからカッコいいんですけどね。

20060909001910.jpg


続いて”隠し”腕です。
ここはかなりコストダウンが感じられるところ。
ポリキャップは完全に露出しております。
ここは旧キットの要領でプラ板でポリ隠しを製作。軸が出る部分もディテールアップパーツを貼って隠します。
動力パイプやシャフトも成型の都合上スーパーのたこ焼きのように(分かるかな?)半円状で実感がないのでプラ棒などで作り直しました。

あと、この隠し腕、ノーマルだとフロントアーマー裏にピッタリ収まらず少し曲がった状態でやっと収まる感じ。
スマートに収納するには隠し腕を縮めるか、フロントアーマーを伸ばすかですがフロントアーマーはキットがどうというより個人的にもっと大きくしたかったので延長か若干作り直す予定。

この辺は次回で…
  1. 2006/09/09(土) 00:52:21|
  2. ジ・O
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジ・Oその後。

ジ・Oですが、まず気になった胴体から。

20060904194415.jpg


首周りはくり抜いて一段落としたところにプラ板で蓋をして首、と首周りのディテールをプラ板などで作ってます。
肩の付け根から脇のあたりはノーマルでは剥き出しだしのポリに肩の軸がもろに刺さってる感じなので、まずプラ板でポリ隠しを作り関節周りもプラ板で囲ったりディテールを作りあとで関節色で塗り分けることでフレームに接続された腕に装甲がかぶさっているMGのような構造感を出す工作をしています。

あとは肩から背中にかけてパーツの合わせ目ごとの面の処理がちぐはぐに見えたのでアールの付いた部分は削り落とし、ひとつのプラスチックの塊ではなく、直線的なパーツが組み合わさっている工業製品的な形状に変更しています。

20060904195951.jpg


そして、肩関節部分。
ノーマルは装甲からいきなりプリッと軸が生えてて実にかっこ悪い。
同時期のHGUCのレベルからすると明らかに手抜きか?
そこで軸周辺を一度切り抜き中央ブロックを延長する形で新たに底を作りそこから軸を生やす形にして胴体同様、フレームと装甲の関係を意識した形にしています。
胴体同様、実際には一体でもフレームに前後、中央の3分割された装甲が被っているように見えるので、全体のプロポーションには影響しませんが完成時の説得力は確実に増すはずです。

  1. 2006/09/04(月) 20:12:23|
  2. ジ・O
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

takayo4
ガンプラ・CG・各種Howto・投稿コーナーなどを掲載するガンプラサイト「GARAGE T4」の管理人。


ブログから入られた方HPはこちら。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。