GARAGE T4ライフ

GARAGE T4管理人takayo4のガンプラ製作記など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

超音波カッター、買ったm(__)m

chouonpa01.jpg

以前から気になっていた超音波カッターをこの度ようやく購入。
すでに私の周辺のモデラーの間では定番となりつつあって、
私も一度使わせてもらい、確かに便利で作業時間の短縮になることは分かっていたのですが、
35,000円弱のお値段と必ずしもこれがないと出来ない作業は限られているので購入をためらっていたのですが、
たまたま見たAmazonで程度のよい中古が20,000円ということで、半衝動買い。

理屈としては、デザインナイフとほぼ共通の刃に目に見えないほどの高速振動を与えて切断を補助するもので、
金属など元の刃で切れない素材はカットできないのと、
振動による摩擦でカットするものは過熱されるので、プラスチックなどは切断面が溶けるため、
切断にはある程度余白が必要なのと、カット後に溶けた部分を処理しないといけないなど、
万能とは言えない部分もありますが、
プラ用ノコギリやPカッターなどでないとカットできない厚みのパーツやプラ板のカットや、
普通はかなりの手間や技量が必要なくり抜きや曲線カットなども刃先でなぞる感覚で簡単にカットできるのはこのツールならではでしょう。

正直、素組みでプラキットを作るだけならあまり出番のないツールだと思いますが、
プラ板を使った各種工作やキットパーツを切った貼ったするような改造をする上では、
意外なほど出番が多いのに驚きます。

また、プラスチックより熱に強いパテやレジンはプラ同様軽い力で切れるものの、切断面が溶けないので、
使いようによっては通常ではかなり困難な切抜きや彫りこみも可能だとは思いますが、
装着できる刃のサイズや形が限られているのでその辺を改良できれば、
パテを使ったスクラッチや原型製作、レジンキットの改造などにもっと力を発揮するのではと思います。

欲を言えば、グリップ部分ももっと細くカッターナイフ程度の握りやすさになればとは思いますが、
現状これは慣れるしかないでしょうね。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/08(土) 21:40:54|
  2. 工具など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

GARAGE T4的ザ・コックピット2

さて、前回に続き作業環境の紹介ですが、まず一番使用頻度が高くてすぐに出し入れできる机上の小物入れに入れている工具たち。

desktool01.jpg

おなじみアートナイフは一本は通常用、もう一本は先端を尖らせてスジ彫りや分割ラインの彫り直し用に。
ピンバイスは真鍮線での補強や大きい穴あけ前のあたりをつけるのに良く使う1mmは固定のもので、その他~3mmと~1mmを用意。
切削やスジ彫りなどの下書き用の0.3mmシャープペンとスジ彫り用のケガキ針、ハセガワトライツールのラインエングレーバー、目立てやすり。
その他、大きな部品のカット用のモデリングソー、凹部の彫りこみなどに使う彫刻刀にピンセットなどです。

desktool04.jpg

あと欠かせないのが、ヤスリ類。
金属ヤスリはあまり仕上げ段階では使わないので、あまりこだわらず百均のものを目が詰まったり切れ味が落ちたら早いサイクルで交換。
一時期タミヤのクラフトヤスリPROを好んで使用していましたが、切れ味が良い分切れ味が落ちるのも早くそれからは切れ味や仕上げのきれいさよりも削る量に応じて目の粗さの違う物を数種類用意するようになりました。

紙やすりはカットした物を二つ折りにしてそのまま使ったり、エッジを出したい場合などはヘラに貼り付けて使います。
ヘラはアイスの棒の丸い角をカットした物を主に使用。
プラ板より強度があってしならないのと木の適度なグリップ感がお気に入り。
細かいところはタミヤの調色スティックや車のワイパーゴムに入っているステンレス棒をカットした物に細かく切ったペーパーを貼り付けて使用します。

desktool02.jpg

使用頻度は高いけど、小物入れに納まらないものは側面のペン立て等に収納。
ニッパーはタミヤの薄刃タイプをゲートカットなど細かい作業に、ランナーやプラ板のカットなど荒仕事は予備役の精密タイプを使用。ストレート組み以外の場合は予備役の方が活躍の場が多いです。
もうひとつは真鍮線やアルミ線など金属用で、どちらにしてもカットしたあとの断面はヤスリで整えるので百均の安物。
Pカッターはもっぱら厚めのプラ板の切り出し用。薄い物はアートナイフでも切れるが刃先が痛みやすいので通常のカッターを使うようにしています。

desktool03.jpg

エッチングソーやテンプレートなど工具箱の底に溜まると拾いにくいものや、立てて保管したい使いかけの瞬着などは卓上のトレイに保管。

ピンバイスの刃やリューターのビットはレジンをポリ製のケースなどに流して固めたレジンブロックに穴開けしたものに立てて保管。専用の物もあるけど自分の使うサイズや数だけに絞った方が使うときに選択しやすい。
その右側のは同じくレジンブロックで作った箸置き的なもの。
簡単に加工しただけのものですが、作業中の瞬着や筆などを安定して置いておけることで不意の悲劇を未然に防げます。

またしばらく模型ネタは載せられなさそうなので、次回は塗装ブースの紹介でもw。
  1. 2008/03/09(日) 21:40:52|
  2. 工具など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

GARAGE T4的 ザ・コックピット

前回の更新から早いもので一ヶ月近く経っちゃいました。
このブランクは過去最長かも…(汗)

先月末で少々長く関わっていた作例(来月号掲載予定)が終わって一段落のはずでしたが、引き続き少々時間のかかる作例をいただいてしまった為、またしばらくこちらのネタ切れが続きそうです。

なにしろ製作中の画像を公開するわけにいかないので、例の「Howto」用の画像も使えない。
何かないかと思っていたところ、今月号の電撃HM誌で別冊並のHowtoと共に有名モデラー方々の塗装ブースの紹介が。
そういえば、モデグラ誌でも最近「ザ・コックピット」というコーナーでモデラーの作業場を紹介するコーナーがありますが、意外と楽しいんですよね。
単にこういった場所から数々の名作が生まれるのかという興味と、実際に役立つ知識や工夫もみることが出来ますし。
それなら作ってるものに関係なくネタに出来る!ということでGARAGE T4的「ザ・コックピット」始まります。

desk01.jpg

といっても、専用部屋があるわけでもなく意外と簡素な物です。
室内にはすでにPCデスクとして固定された机があるので、模型用デスクは臨機応変に移動できる物に主に百均グッズで武装したものが私のコックピットです。
我が家は変則的2世帯住宅といった感じのつくりなので、塗装は使っていないキッチンの換気扇を利用して部屋では行いません。
そちらはまたそのうち。

desk02.jpg

①ライトスタンドはこの手の作業には定番のアーム式のもの。
アームには説明書や資料をクリップなどで吊るしたり、マスキングテープなどをダラ~と伸ばして切りやすいようにフックを下げてます。
暗い手元は視力低下の元。電球は多少コストがかかりますが、電球型蛍光灯の100W相当の明るめのものをチョイス。

②天板の下にフック&ゴムロープで固定したプラモの空き箱をセット。
使用時は引き出して、切りカスや削りカスなどをここに落としながら作業することで、机上は出来るだけきれいな状態を保つようにしてます。
もっとキッチリと作ろうとも思うのですが、あくまでゴミ箱ですからw。

③百均の小物入れ。
狭いデスクにはちょうどいい大きさ。香港のビルよろしく年々高層化してます。
工具など重い物は下に、上には中に仕切りを作って厚さや太さごとにプラ板やプラ棒をストックしてます。

④ヤスリやカッターなど小物入れに入らない長物はサイドに装備したワイヤーラックに。
使わないものほど奥まったところに追いやられ、ある意味整理されている。

⑤刺激系タブレット。
趣味の域を脱してしまった以上、眠くてもプラモを作らなくてはならないときがある。
あまりコーヒーを飲むと胃が痛くなる体質ゆえ、効果の程は知らないがカフェイン入りを愛用。

desk03.jpg

下回り
①ディテールアップパーツや切り出す前のプラ板、塗装時のもち手など。これも百均のワイヤーラックで作った自作棚。

②参考資料などをストックしておくマガジンラック。

③ジャンクやポリパーツなどは出来るだけ大きさや使用目的ごとに小物入れにストック。
以前は大箱にザラザラと入れていたが、一度整理してしまえば次から探す時間が短縮できる。

④前述の簡易ゴミ箱。
見た目は悪いが適度なテンションが満載のゴミ箱落下という悲劇を防いでくれる。

⑤小スペースを生かすべく、サイドにもラックやフックを設置。
定期的に使うものは出来るだけ手の届くところに。

desk04.jpg

①長時間作業するには椅子はかなり大事。
以前は事務椅子を使っていたが、典型的日本人体系の管理人にはあぐらが楽なので、いつのまにかベッドに座椅子というスタイルに。
これも見た目は悪いが座面の高さや大きさにはそれなりのこだわりが…
掘りゴタツ的にいろんな座り方が出来るので足腰への負担が少ない…というかそのまま横になり気づくと朝ってこともw。

②6年前の冬に拾われてきた相棒。
雑種とは思えないフサフサヘアーが売りなのだが、所詮猫の手など借りるものではない。
ちょっと目を離すとデスク上の小物を狙うハンターと化すので、作業を終えるごとにデスク上はデフォルト状態に戻し、キットなどは部屋の上部に自作した棚に乗せて保管する。
冬はちょっとしたカイロ代わりになるのが唯一のとりえ?

次回は道具などもう少し細かく紹介します。
  1. 2008/02/07(木) 22:06:23|
  2. 工具など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

プロフィール

takayo4
ガンプラ・CG・各種Howto・投稿コーナーなどを掲載するガンプラサイト「GARAGE T4」の管理人。


ブログから入られた方HPはこちら。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。