GARAGE T4ライフ

GARAGE T4管理人takayo4のガンプラ製作記など。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

展示会開催…しかし!!

21日の日曜日に「第1回プラモデル展示会in八潮」が開催されました。

前日はなんだかんだと深夜まで荷造りなどをして、そそくさと就寝したのですが、ものの数時間で今までにないような強風にたたき起こされた。
何かがバタつくような音に外をうかがうと、私の部屋とは別棟になっている両親の部屋の屋根が剥がれかかっている。
最初は一部がバタついていただけだったが、数時間の強風で見る見る剥がれおち、最終的にはこんな状況に。

2010032102.jpg

基本的に古い家なのですが、特に増築したトタン張りの部分が向かい風を受けて剥がれ落ちている。

2010032101.jpg

ガレキは風下の道路やお隣の敷地まで散乱したが、落下物による近隣への損害や、早朝だったので通行人などにけが人が出なかったのは、唯一の救い。

2010032103.jpg

自宅内に停めている車には、カーポートを貫通した角材が激突した凹みが…
まぁ、もうあまり洗車もしてないような古い車なので、かえってバイクに被害がなくて自分的には胸を撫で下ろしましたが…

さらに問題は風がおさまるとともに強くなった雨。
往年のドリフターズのコントよろしく、ところどころから落ちてくる雨漏りに洗面器を持ってオロオロ…
ふと、キャンプ用に持っていたブルーシートと、衣装ケースの引き出しが洗面器代わりに使えると思い、雨の時間が短かったのもあって室内は事なきを得ましたが、いつまた荒れるかもしれない天気に応急処置を試みますが、とても素人に手の出せる状況じゃないので、早急に知り合いのなじみの業者さんに連絡し、来てもらえることになりましたが、混沌とした状態に、展示会の方は先に作品だけ展示してもらって、遅れて合流することに。

2010032104.jpg

昼前に本来休みにもかかわらず業者さんが駆けつけてくれて、片付けもある程度先が見えたので、2時過ぎにやっと会場入り。
短時間ではありましたが、展示作品を一通り拝見、撮影できたのでよかったです。

つくばエクスプレスで秋葉原から数十分と意外なほど都心からのアクセスはよいものの、埼玉県内というイメージからまだ遠方というイメージの方も多い場所にもかかわらず、150近い作品と参加者以外の一般見学の方も結構来場いただいたそうで、本来の目標は十分以上に果たせたのではと思いますが、毎回ながら準備などの方はほとんどお手伝いできず申し訳なく思います。

2010032105.jpg

とうりょうさんの呼びかけでジンクスを量産機数だけ集めるというジンクスコンペも予想以上の盛況でしたが、私は時間的に参加できなかったので、とりあえずここ最近の電撃ホビーマガジン掲載作例などを持ち込ませていただきました。
ちなみに、後ろのアーティスティックなフィギュアはsakuziさんのご子息の作品。
なんとなく心を和ませる作風と1/48ガンダムを凌駕するボリュームで存在感抜群ですw。

昨年のモデサミのような大規模なモデラーのお祭りのようなイベントもよいですが、こういった地元交流のようなイベントも楽しいですね。
こういう機会がないとなかなか会えない方や直接見られない作品も多いし、作品製作のよいモチベーションにもなるのであまり無理のない範囲で続けて欲しいなと願っています。
スポンサーサイト
  1. 2010/03/22(月) 17:06:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

涙の銀メダル

タイトル見れば誰でもわかるぐらい注目されてた女子フィギュア。
結果だけみれば惨敗……あっぱれキム・ヨナといわざるを得ないですね。

正直、キム・ヨナの得点が出たとき、見ている僕らはほとんど心を折られた感があったと思うのですが、真央ちゃんは気丈にトリプルアクセルを2本決めたのはさすが!!
惜しむべきは途中で2回もミスしてしまったところ。
おそらくミスがなかったとしてもあの得点差をひっくり返せたとは思えませんが、4年に一度の大舞台。勝ち負け以上に悔いのない演技をして笑顔で締めくくって欲しかった。

しかし、誕生日、体格、才能に始まり、今回の滑走順などあまりに運命的過ぎる二人。
もし神様が有能な脚本家なら「起承転結」という言葉をご存知だろう。
天才少女現るの「起」、世界を席巻する「承」、ライバルに敗れる「転」、ライバルにリベンジし真の女王になる「結」。
今回は敗れたとはいえ、よく考えればまだ19歳。今回はまだ物語の途中であると期待したい。

しかし、全国民の期待と重圧をほぼ一人で受け止めて、ショートもフリーも完璧以上の演技が出来る19歳ってどんなハートの持ち主なんでしょう。
プレッシャーを感じないという比較的楽天的な民族もいるようですが、フリーの演技直後に涙があふれたシーンを見ると相当なプレッシャーがあったのは想像にたやすい。
同じアジア人でありながら、韓国や中国選手の大舞台での勝負強さは目を見張るものがありますが、何か特別なメンタルトレーニングでもやっているのか?
オリンピックに限らず大舞台で実力どおりの力を発揮できないことが多い日本選手。今後は技術以上に精神面の研究が必要なのかも。
  1. 2010/02/27(土) 00:09:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新年会in秋葉原

土曜日に3月の「プラモデル展示会in八潮」その他諸々のミーティングもかねて秋葉原での新年会に参加してきました。
思えばしばらく秋葉原にも行っておらず、年末の1/48ガンダム製作時には塗料の在庫が底をつきそうな不安を抱えつつもしばらく買出しに行く時間もなかったので、塗料その他の買出しもかねてのお出かけです。

信じられないことに毎日のように模型を作っているにもかかわらず、おそらく一年近く新キットを買うこともなく数ヶ月に一度の買出しでも買うものは塗料やプラ材、パテ、シリコンやレジンといった複製用品という消耗品中心というなんとも味気ない模型ライフを送っているせいか、久しぶりにお店に足を運ぶと色々新しいものに興味津々ではありますが、結局買うものは定番というのが不思議なところ。

ほぼ消耗品だけで1万円以上ってどうよ?と思いつつ、これでまた半年近くは戦えるわけですw。

新年会の方は、なにやら皆さんMGジンクスを買い漁っていたのが気になりましたが、各々物々交換や情報交換などなど、毎回ながら楽しいひと時となりました。
最近はあだちっくの地元ミーティングが定番で非常に落ち着くんですが、たまにはプチ遠征も悪くないですな。

  1. 2010/01/31(日) 20:39:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。
気づけば、3度目の年男ということでモデラー的にも公私ともに充実した年になればと思うのですが…。

このたび、あだちっくのバーム・クーヘンさんを中心に展示会を行うことになりました。
…といっても、私は毎度のことながら完全に企画に乗っけてもらうだけなのですが…w。
出来れば、何かしら新作を展示させていただきたいところなのですが、時間的になかなか難しいところもあるので、無理な場合は過去の作品や電撃ホビーマガジン掲載作例などを持ち込ませていただく予定です。

内輪での展示会ということなので、一般の参加やコンテストなどはありませんが、実際の完成品をその目で見たいという方や、普段ネットでのお付き合いのある方実際に会いたいという方、もしくは単に暇だという方までぜひお越しいただければと思います。

詳しい内容などについてはこちらもまだ不明な部分が多いので、その辺は追々リンク先のブログの方で更新されていきますので、ご参考までに。

tenjikai-yashio.jpg
  1. 2010/01/08(金) 21:37:52|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

モデリングサミットin名古屋

modesami.jpg

昨日、モデリングサミットに参加するため名古屋まで行ってきました。
深夜2時、あだちっくメンバーのバーム・クーヘンさんの車に同乗し、東京を出発。
連休の混雑前の高速をひた走り(バームさんが…)6時半、現地で関西方面からのkeitaさん、nishiさんと合流。ファミレスで朝食をとりつつ会場を待ちました。

会場は国際会議場というだけに、空港を思わせるようなきれいで広いロビーと中庭がある立派なもの。おそらく普段は各種会議、説明会、学会などが行われているであろう会場内をひと際カジュアルで大荷物の集団が集まってくるので明らかに関係者だと分かるw。

そそくさと手続きと設営を済ませ、しばらくは見回りというかあいさつ回り。
毎回ながら、大人数でのイベントなのでタイミング悪くご挨拶できなかったり、ゆっくりお話できなかったりということが多々あったと思いますが、その辺はお祭りということでご勘弁ください。

modesami2.jpg

予定より作業がはかどらず、前日夕方までやったのですが、ファンネルは間に合わず未完状態の我がνガンダム。(隣はあだちっくバーム・クーヘンさんのガン王東京大会3位入賞のサザビー)
やはりこの赤と白の機体が並んだときのかっこよさはガンダムファンにはたまりませんw。

エントリーの時点で分かっていたことではありますが、会場は大入りの大盛況。
参加者約160人、現地参加しない人もいるとはいえ同伴者もいるのでおそらく関係者は同数かそれ以上。人気投票の投票数が400近いと記憶しているのですが、その同伴者なども含めればゆうに500人以上は会場に訪れたのではと予想できます。

少々早めについてしまったので目にしたのですが、実行委員の方々が会場設営や運営についてしっかりミーティングされていただけあって、イベントの運営は滞りなくそのあたりは有志ながらしっかりした組織を思わせる団結力を感じました。

modesami3.jpg

プロアマ入り混じる約160人の作品の頂点に輝いたのは濱薫さんのジ・O。
1/100でガンプラやスケールモデルなどの各種パーツとプラ材などからスクラッチされたようですが、画像でその大きさが分かるでしょうか。
前後にも長いので例えるなら、吸引力が変わらない某掃除機ぐらいの質量はありそうです。
しかし、こういったモデラー主体のイベントになると大きいということは有利ではありますが、決定的な決め手にはなりません。
これだけの大きさで破綻のないスタイルと間が空かないディテールやカラーリングなどすべてが揃ってこそ、自らも模型に親しむ参加者から評価されるのだと思います。
実際、いくつか大きな作品が入賞するなかでも圧倒的得票差で金賞となったことがそれを証明しているのではないでしょうか。

2次会は会場内のレストランで立食パーティー。
大人数での移動は大変なので会場のチョイスなどはかなり考えられたのではと思われ、宴会中もコジマ大隊長さんの軽快なMCでの入賞者インタビューなど今までにない趣向で楽しませていただきました。

その後、奥様初めご家族への気遣い(謝罪?)のため、名古屋駅でお土産を買い求めつつ渋滞解消を待って帰路に。
呑めない僕だけ少し運転させてもらいましたが、ほぼバーム・クーヘンさんに運転してもらってしまってちょっと申し訳ないと思いつつ、明け方に帰宅。
総活動時間はおそらく最短の僕でも30時間近く。その前も仕上げのため寝不足を重ねているので後半はみんな泥のような様子でしたが、それもまた後々の話題になることでしょうw。

実行委員の方々は常に急がしそうで、あまり長話も出来ませんでしたが、準備には相当苦心された様子。
それだけにすべての面において滞りなく参加者を楽しませようという姿勢が感じられ、並みのイベント会社では太刀打ちできないような完成度の高いイベントだったと思います。(参加者プレゼントのカッティングマットも洒落てますね)
分かりやすい形での恩返しというのは難しいと思いますが、僕たち参加者は実行委員の方々への感謝を忘れず、今後もこういったイベントが続くようにルールやマナーを守りつつ模型通した交流を広めていきたいものです。

  1. 2009/10/12(月) 17:09:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12
次のページ

プロフィール

takayo4
ガンプラ・CG・各種Howto・投稿コーナーなどを掲載するガンプラサイト「GARAGE T4」の管理人。


ブログから入られた方HPはこちら。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。